2013年11月17日日曜日

四日市のコンビナートでHDR萌えしてみた

鈴鹿で仕事していますが、途中の四日市に出向いてみました。

四日市と言えば、工場萌え、ということですのでペンタックスK-3で進化したHDR撮影を楽しんで見ることにしました。
HDRは露出の異なる3枚の写真を撮影し合成してダイナミックレンジを圧縮したJPEGとして出力することが出来ます。

本来は3脚は必須ですが、今回は手持ちですので基本感度設定を高めにして出来るだけブレないようにして頑張りました(^^;
HDR撮影設定としては オート/Type1/Type2/Type3の4種類がありますが、まずはTYPE1

Yokkaichi - K3 - HDR

Type2では少し彩度も高まりより印象的な画像になるようです。このくらいがHDRらしいと言えばらしい感じですね。

Yokkaichi - K3 - HDR

そして、Type3では更にド派手

Yokkaichi - K3 - HDR

アングルを変えて、Type1、2、3で撮ってみました。

Yokkaichi - K3 - HDR

Yokkaichi - K3 - HDR

Yokkaichi - K3 - HDR

このような深夜のシーンではやはり適正な露出を探す為、露出補正と感度設定を幾度か試す必要がありますが、K-3のHDRなかなか使えます。
他社のカメラやコンパクトデジタルカメラのHDR機能を幾度か試してみたことがありますが、効果がHDRっぽく無い場合や、カラーバランスが変な場合が多く、カメラ内でのHDR合成機能はあまり使えないなという印象でしたが、ペンタックスのHDRは今流行りのHDR写真のトーマッピングを良く研究している感じで、これは今後も積極的に使ってみたい機能だと思いました。

ということで更に、工場萌え楽しんでしてしまいました。

Yokkaichi - K3 - HDR

Yokkaichi - K3 - HDR

ちなみに、HDR合成に要する時間は10秒くらい。
処理中もメニュー操作が出来るのも良いですね。

Yokkaichi - K3 - HDR

Yokkaichi - K3 - HDR


キットレンズ、手持ちで、簡単に、ここまでHDRを楽しめるカメラは他に無いと思います。

Yokkaichi - K3 - HDR

Yokkaichi - K3 - HDR

0 件のコメント:

コメントを投稿